楽天ポイント

楽天経済圏

楽天スーパーポイントは2種類ある!通常ポイントと期間限定ポイントの違いを解説

楽天ポイントこと『楽天スーパーポイント』は、人気NO.1のポイントシステムです。

楽天経済圏を意識して利用してすれば、非常に貯まりやすいポイントと言えます。

実は楽天ポイントには、通常と期間限定の2種類が存在します。

使用期限や利用範囲が異なる2種類の楽天ポイントを、詳しく解説します。

楽天スーパーポイントとは

楽天ポイントこと『楽天スーパーポイント』とは、楽天が提供するサービスです。

楽天のサービスや楽天ポイントカード加盟店で貯まり、利用出来ます。

ポイントの価値1ポイント=1円
楽天のサービス楽天市場
楽天ブックス
楽天トラベル
楽天リーベイツ
楽天銀行
楽天証券
楽天ポイントカード
楽天カード
楽天ペイなど
楽天ポイントカード加盟店マクドナルド
くら寿司
出光など

楽天スーパーポイントは2種類ある

ポイントの種類獲得方法利用範囲有効期限
通常ポイント楽天のサービスや楽天ポイントカード加盟店の利用で通常のポイントとして付与
・ネットや街ナカのお買い物(飲食店含む)
・楽天のサービスの支払い
・ANAマイル交換
・楽天証券のポイント投資
楽天Edyへのチャージ
1年間
ポイントを獲得する度に期限が延長される
実質期限なし
期間限定ポイントキャンペーンなどのボーナスとして付与ネットや街ナカのお買い物(飲食店含む) 、楽天サービスの支払いなどに限定されるポイントを獲得したキャンペーンごとに有効期限が異なる
延長はされない

スポンサーリンク

通常ポイントと期間限定ポイントが貯まるサービスに違いはある?

基本的にはどのサービスでも、1倍のベースポントは通常ポイントとして付与されます

キャンペーンで獲得できるボーナスポイントが、期間限定ポイントである場合が多いです。

現状の例外として、楽天リーベイツで付与されるポイントは全て通常ポイントです。

Rebatesお友達紹介キャンペーン

期間限定ポイントが使えないサービスは?

楽天証券のポイント投資
ANAマイルへの交換
楽天Edyへのチャージ

実質現金として利用できるポイント投資やANAマイル交換は、楽天ポイントの使い方として人気ですが、残念ながら期間限定ポイントは利用不可です。

ちなみに他社ポイントから移行した楽天ポイントも使用できません。

しかしながら殆どの楽天サービスの支払お買い物や飲食店利用で使えます。

スポンサーリンク

まとめ

期間限定ポイントは、1カ月しか有効期限がない短いものもあります。

楽天スーパーポイントは街ナカでも提携店が増えています。

せっかく貯めたポイントを失効しないよう、意識して利用しましょう。

-楽天経済圏

© 2020 アメックスと楽天経済圏